変身 (巨人小笠原)

なんJ収容所

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変身 (巨人小笠原)

2013.12.03 (Tue)
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1386032546/



1 名前:風吹けば名無し2013/12/03(火) 10:02:26.44 ID:r25TMlFr

 ある朝、巨人小笠原が気がかりな夢精から目ざめたとき、自分がロッカーの上で一人の青い竜に変ってしまっているのに気づいた。
彼はアオダモのように固い背中を下にして横たわり、頭を少し上げると、何本ものすじにわかれてこんもりと盛り上がっている自分の黒色のヒゲが見えた。
股間の盛り上がりの上には、浅尾がすっかりずり落ちそうになって、まだやっともちこたえていた。ふだんの大きさに比べると情けないくらいかぼそいキンタマが自分の眼の前にしょんぼりと光っていた。
「おれはどうしたのだろう?」と、彼は思った。夢ではなかった。部屋の外、少しボールが飛ばなさすぎるがまともな球場が、よく知っている青の壁のあいだにあった。
芝生の上には選手のバットが包みをといて拡げられていたが――カッスはたらい回しの不良債権だった――、その芝生の上方のビジョンには侍が映っている。
それは落合がついさきごろある大正義球団から引き取り、きれいな青のユニフォームに入れたものだった。
映っているのは一人の侍で、紺の帽子とヒゲをつけ、バットをきちんと起こし、スタンドまですっぽり入ってしまう軽そうな成瀬の球を、見る者のほうに向って飛ばしていた。


3 名前:風吹けば名無し2013/12/03(火) 10:05:04.34 ID:8Csw3jTL

浅尾に草


8 名前:風吹けば名無し2013/12/03(火) 10:09:24.10 ID:QAOfIAz4

カッフカ



関連記事

コメント


管理者のみに表示
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。