巨人小笠原、特定秘密保護法で検挙され死亡

なんJ収容所

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人小笠原、特定秘密保護法で検挙され死亡

2013.11.27 (Wed)
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1385464990/



1 名前:風吹けば名無し2013/11/26(火) 20:23:10.94 ID:WTf5vcq1

「美しい糞、一本!」「イッポンノ、ゲリモラス!」―
そう記者団の前で啖呵を切ってみせたのは、「国民の『汁権利』の具現者」こと、巨人小笠原終身名誉死刑囚(40)だ。
26日名古屋市内で開かれた中日入団記者会見にて畜生は、首相中途辞任を経て前回の国政選挙で圧勝した安倍首相に言及、
そんな首相にあやかったキャッチフレーズで再起を誓うとともに、安倍首相を揶揄して反日味噌首脳陣の評価を得ようと目論んだ。
ところが、死刑囚を待ち構えていたのは日本政府首脳陣。政府首脳はこれらの発言を、特定秘密保護法「第3000万号 首相に関する事項」の漏洩にあたると評価。
畜生は慌てて「俺のスカトロ趣味を自慢したかっただけ」「俺が漏洩するのは秘密でも何でもない」などと釈明、脱糞を開始したが、
「首相は潰瘍性大腸炎であって、スカトロ趣味ではない」と浅尾介護士に一喝されると脱糞を中止。その後畜生は無事逮捕、処刑された。
このことを聞いた大正義巨人軍原監督は、「特別賞って一体何なのかだって?秘密だよ(ニッコリ」と、愛しい甥っ子を思い起こして目を細めた。

なお、来季以降の岩瀬の介護は急遽田島が担当する模様。



関連記事

コメント


管理者のみに表示
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。