原始人「マンモス狩るンゴwwwwwwwww」

なんJ収容所

原始人「マンモス狩るンゴwwwwwwwww」

2013.04.28 (Sun)
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1367117070/



1 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:44:30.82 ID:/V5xqf59

現代人「羆怖いンゴ…殺されるンゴ…」
うーんこの劣化


2 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:45:41.11 ID:Agx+Vnhh

恵体20人ぐらいでいけばなんとかなる?


3 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:45:59.83 ID:aG8pv7TH

サーベルタイガー相手に戦ってたとかすごすぎ


4 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:47:21.01 ID:GoTxJyrv

そんなことしなくても食えるからね、仕方ないね


5 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:48:06.75 ID:mUSpgJ6R

原始人「蜂の巣ぶっ壊してハチミツ取るンゴwwwwww」
現代人「蜂に刺された…いたいンゴ…」


6 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:49:06.73 ID:m+Lp0O9i

原始人「ンホンホwwwwwwwwww」
現代人「ンゴンゴwwwwwwwwww」


21 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:54:15.13 ID:bdikONwm

原始人「寒いンゴwwwwwwwンゴ・・・・」
現代人「寒いな(エアコンピッ」


7 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:49:32.18 ID:mnCN7x8N

原始人「フグ食べてみるンゴwwwwwww」


15 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:51:40.91 ID:OwIrKWbn

原始人「なんやこれ、とりあえず食うか」
ナマコ「ヒエッ…」


23 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:54:33.32 ID:D/wKz3RR

原始人「腹減ったンゴ・・・お!食料ゥー!」
蜂の幼虫「ヒエ~ッwwwwwwwwwww」


10 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:50:16.11 ID:zrkm51Np

いうほどマンモスとってたか?


11 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:50:32.64 ID:iv35xplu

ナウマンゾウだろ


12 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:50:42.81 ID:+3j40097

マンモスがいた時期に人類って居たの?
人類がユーラシア北米南米で凄まじい数の動物絶滅させたとは聞いたけど



17 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:52:00.81 ID:utw8UtEl

>>12
いたよ
人類が最初に絶滅させた動物じゃないかともいわれてる


22 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:54:17.87 ID:iO31ww2Z

>>12
余裕でおったやで、有史は1万年ないけど、20数万年には居った


36 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:57:52.19 ID:iO31ww2Z

マンモスって、かなり最近、下手すりゃ数千年前まで、
シベリアにある島で生き延びてたんやで
少なくとも、縄文海進の直前までは生きてたらしい


39 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:58:20.43 ID:MRMKRL1Q

ホモ・サピエンスが登場したのが250万年前
マンモスが全滅したのが1万年前


42 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:59:10.42 ID:iO31ww2Z

>>39
おい、まだ原人も登場してねーぞ


13 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:50:46.64 ID:rGW7HZcv

なお虫歯で死ぬ模様


59 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:05:19.96 ID:ls4MAaUl

>>13
虫歯自体が今より圧倒的に少ないんだよなぁ


14 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:51:20.55 ID:aHeZtwWO

マンモス狩ってたとしてその方法が謎なんやが


18 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:52:10.60 ID:DsJ2r/1z

>>14
追っかけて崖から落とした説好き


28 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:56:17.45 ID:mUSpgJ6R

>>14
落とし穴説とかあったような気がする


35 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:57:50.44 ID:GkK2pXJI

>>14
アフリカ人が投げ槍で象狩りしてる動画見たことあるで
あんな感じやろ取り囲んで遠距離から投擲&投擲よ


37 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:58:05.87 ID:XoF/d76t

体全体が落ちる穴じゃなくても
片足引っ掛けてやればポキーやからな


49 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:01:21.63 ID:O3jMDHdj

>>14
1.大勢で囲み長時間かけて少しずつ傷をつけ弱るのを待ってしとめた
2.複数のロープで脚をからめとった
3.岩場や山の斜面に追い込み転倒させた
4.沼地に追い込み動けなくした
このへんらしいと言われとるね


20 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:53:20.85 ID:X6zbeaYL

どっちかを狩れって言われたらまだマンモスの方がマシやろ
熊とか速い上に一発もらっただけで即死やん
マンモスならヒットアンドアウェイでチクチクやれば勝てるやろ(適当)



41 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:58:59.04 ID:Qk/MXDak

>>20
クマも象も走る速さそんなに変わらんのじゃないか


55 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:03:23.01 ID:X6zbeaYL

>>41
走る速さというか攻撃の速さやね
マンモスとか突っ込んで頭振り回すしか攻撃手段なさそう
後ろに回り込めば楽勝よ
その点、熊は小回り効くしパンチがあるから勝てる気せえへん


61 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:05:47.21 ID:Qk/MXDak

>>55
近寄られたらかなり厳しいと思うで
普通に踏み潰される


62 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:05:52.13 ID:/V5xqf59

>>55
ゾウって案外小回り聞くんやで


63 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:06:15.36 ID:XoF/d76t

>>55
マンモス攻撃範囲広すぎやろ
薙ぎ払われたら即死なんやから


65 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:06:59.81 ID:CIk9QT1n

マンモスなんて100人ぐらいでワーワー行って
ヤリで目を付けばあとはヒット&アウェイで弱るの待てば楽勝やで
以外に囮役とか目を狙う役とか足を引っ掛ける役とか集団戦法充実してたんちゃうか?


75 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:12:28.42 ID:iO31ww2Z

>>65
ヤリがあれば、そらみんなで投げるだけよ。
目って当て難い上に致命傷にはならんから、野生でも狙う肉食獣居ない


66 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:07:19.74 ID:iO31ww2Z

子連れを襲うと、逃げずにとどまる、とかって習性があったんやろな
走って逃げられたら仕留められん。
そこで罠のある方だけ包囲を空ける、または手投げの武器でチクチクよ


68 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:08:19.08 ID:X6zbeaYL

土人の狩りの方法
マンモスもこんな感じで狩ってたんちゃう
http://www.youtube.com/watch?v=fkN6C1ur1t8


74 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:11:55.42 ID:CIk9QT1n

>>68
多分そうやろな
しかもこういう狩りで一番勇敢な奴が村で一番かわいい娘とセクロスできたりするわけやろ
みんながんばるで
ちなみに象は痛みに弱いんや
紀元前の戦争のころから戦象は投げやりに弱いんやで


78 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:15:32.74 ID:X6zbeaYL

>>74
一番かわいい子言うてもテニスのゴリラ姉妹みたいなヤツやろ…


85 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:20:26.88 ID:CIk9QT1n

>>78
昔の美的感覚からすれば出産が命懸けやから
ゴリラみたいな丈夫な娘がぐう美人という扱いなんやろな
出産のたびに嫁が死んだらいくらサルでも悲しいで


77 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:14:50.35 ID:AWKjl+Ql

僕はおとなしく植物食べます(半ギレ)


82 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:17:46.76 ID:XoF/d76t

>>77
お前みたいなのが農耕を始めたんやな
農耕は文化の出発点なんやな


89 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:23:33.50 ID:Xr1nLIUa

>>77
これが本当の草食系男子やな


268 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:34:05.50 ID:YmyYP834

狩りで死ぬ奴も多いし
リスクリターンみあってないと思った奴が稲作やらなんやら本格的に始めたんやろか


275 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:36:58.22 ID:iO31ww2Z

>>268
野生のムギ類から、実の大きいもの多いものを何世代も選別した結果
つか、この作業、たぶん誰か個人がコツコツやったんやろうなあ


26 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:55:38.97 ID:/V5xqf59

>>20
メガテリウムとかいうクマより何回りもでかい化け物も狩りまくってたんだよなぁ…


34 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:57:47.84 ID:X6zbeaYL

>>26
そいつはトロかったんやろ(適当)
デカいだけならどうにでもなる
問題はスピードよ


24 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:55:02.27 ID:jjaQ9KNc

ぶっちゃけ1回の戦闘で5~6人死んでるだろ


25 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:55:21.44 ID:CCzE9b+q

アフリカでライオンを狩っていた原始人はヨーロッパに移動したとき、アフリカにいなかった熊相手に全く歯が立たなかったらしい
原始人が猛獣を倒すことができたのは各動物への対処法を編み出していたからであり、肉体が頑強だったからではない
人間は知性の動物



32 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 11:57:36.23 ID:CIk9QT1n

お前ら勘違いしてるで
昔の原始人なんて武器を持った劣化ゴリラやぞ
そんなんが集団戦法で襲ってきたら勝てる猛獣なんているわけないやん


76 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:13:07.09 ID:dDHAOeiS

多分モノを投げる能力は現代人のほうが高いでしょ
突進してくる動物に野球経験者が100キロで鋭利なもん投げて命中させれば皮膚硬くてもぶっささるだろ


80 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:15:47.15 ID:Qk/MXDak

>>76
とりあえず人間は物を投げるのが一番うまい動物らしいな
一般人の投擲能力の平均が昔より高いかどうかはわからんけど


87 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:22:15.29 ID:/V5xqf59

大型動物は狩れたけどウサギが狩れなくて絶滅した説の原人おったな


90 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:23:46.39 ID:7isni0dl

>>87
ネアンデルタール人か
NHKスペシャルでやってたな


95 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:25:29.92 ID:Qk/MXDak

ネアンデルタール人、兎が狩れず絶滅?
ttp://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130312001
 さらにハーディ氏は、数千年の猶予があったにもかかわらず、ネアンデルタール人が狩猟の戦術を変えられなかったというのは考えにくいと指摘する。
あるいは植物など、ほかのものを食料とすることも可能だったはずだというのだ。
「(ネアンデルタール人が)そこまで柔軟性に欠けるのなら、それまでの25万年をどうやって生き延びたのだろう?」と、ハーディ氏は疑問を投げかけている。
どうなんやろうね
今の猟だと兎は借りやすい方の動物らしいな
驚くと固まっちゃうから


96 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:25:31.24 ID:7isni0dl

>>87
あった、このシリーズやろ
http://www.nhk.or.jp/special/onair/human.html
ぐう面白かった
第1回見逃したのが痛恨の極みだが


88 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:23:31.88 ID:xlhnV4IA

確かマンモス狩猟の様子はインディアンに口伝で伝わってたやろ
数人で囲んでヒットアンドアウェイで原に槍を刺して倒すらしい


93 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:25:05.30 ID:CIk9QT1n

>>88
まあ止めさす必要ないんやろな
ある程度出血させたら後は力尽きるまで
後ろからこそこそあとを付けるんじゃない?
治らないぐらいの傷をつけたらもう攻撃する必要ないんやろな


98 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:26:35.90 ID:nJPMiSQ9

マンモス狩りは月に一回の祭日に行うんやがその際踏まれたりして数人死ぬらしい
と聞いた気がするやけどそない昔のこと明確にわかるはずないんだよなぁ


115 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:38:56.86 ID:CIk9QT1n

実際マンモスって何トンだよな
一回狩ったらしばらく狩りしなくていいぐらいフィーバーやな
まあ保存の問題あるけどな
マンモス狩ってきたで言うたら女は全員股開くんやろな


99 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:28:33.93 ID:ikT3FOIP

>>98
壁画壁画(震え声)


97 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:26:10.28 ID:t70ZrZO2

??「ネアンデルタール人はウンコ我慢しすぎて絶滅した」


114 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:38:55.56 ID:fmwg7WDJ

ネアンデルタール人とかいう全員が室伏と吉田沙保里みたいな種族
なんで滅びたんや・・・


91 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:23:56.39 ID:3lwLNJYF

しかし訓練してるとはいえ人間の群れに向かってためらわず突撃出来る馬はすごい生き物だな


103 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:33:58.26 ID:cSlNLMlH

熊ってそもそも人間に対抗するために強くなった説が根強いんやで


111 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:37:27.13 ID:olfgT/b8

>>103
の割に、熊の強さと凶暴性は人類少ないエリアのが高いような


104 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:34:28.36 ID:J3KuxWdB

実際狩りなら現代人でも熊くらい狩れるやろ
山道で不意に熊に出会えばそらやられるわ それ以外なら不意打ちでボコーよ


110 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:36:45.62 ID:CIk9QT1n

人間のすごさは数の多さなんやで
いくら強い猛獣でも四六時中追い回されてろくに水も飲めなかったり
遠距離からヤリとか投げてこられたらマイルわ
サーベルタイガーとか足とか怪我したらもう狩りできんしな


113 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:38:45.37 ID:/V5xqf59

サーベルタイガーもバリバリ大型動物狩ってたみたいやし今の虎カスもだいぶ劣化したんやな


118 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:43:20.90 ID:6fdIit9m

大学で考古学の講義取って
人がマンモス狩ってないこと知った時は衝撃やったで
今でも人が狩ったからマンモスは絶滅したと信じてる人大勢いるやろうな


119 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:44:49.45 ID:gJ5M9mF2

戦犯:原始人間ギャートルズ


120 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:45:57.50 ID:CIk9QT1n

>>118
えっマジで狩ってないん?


129 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:51:43.05 ID:6fdIit9m

>>120
正確に言うと0ではないけど
マンモスは獲物にするには効率悪いからほとんど狩らんかったとか
マンモスの骨は大量に見つかってるけど、人が狩った痕跡がある骨が極僅かしか見つからないのが根拠で
学会では圧倒的通説とか習ったで
これに絡めて
皆さんがなんとなくイメージする歴史は間違いばかりとか教授が言っとった


134 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:53:31.11 ID:VZpNUBzr

>>129
骨まで残さず食べとったんやろ(適当)


144 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:55:59.48 ID:iO31ww2Z

>>134
骨髄割って食ったり、骨に歯型残ってたりで
人に食われたもんって直ぐ分かるらしいなあ


151 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:57:52.15 ID:TtqO0OlF

弱ってるマンモスを狩るのと
強いマンモスを狩るのでは全然別やから(震え声
まあいうほど狩ってたわけやないし、狩ったから絶滅したってわけやないってことやろ?


152 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:58:00.58 ID:CIk9QT1n

ワイはわかっとるで
たぶん狩りを引退した長老みたいな老害ジジイが偉そうにしてて
やれマンモスの肉が食べたいだの、ワシの若い頃はとか
サーベルタイガー倒した奴にセクロスさせるとか
むちゃぶりばっかさせてたんやろ
たぶん村の下っ端にキノコとかも毒見絶対させてたで
絶対こんなジジイどこにでもおるはずや


192 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:08:39.04 ID:/V5xqf59

>>152
昔の平均寿命的に考えてそんな老害はいないやろ


199 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:10:18.06 ID:CIk9QT1n

>>192
原始人の平均寿命ってどれぐらいなんやろか


202 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:11:56.34 ID:Qk/MXDak

>>199
30~40とからしいが
子供の死亡率が高かったからこの数字というだけで成人になればそこそこ長生きする奴もいたらしい


204 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:13:00.31 ID:/V5xqf59

>>199
少なくとも青年のうちに死んでたらしいけど真実は知らん


156 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:58:32.18 ID:KYOtA1HS

(みんなが思ってるようには)狩られてないってことやろな


123 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:48:57.16 ID:/V5xqf59

狩ってたか狩ってないかなんてホントのところ誰にもわからん
悪魔の証明や


122 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:48:36.56 ID:CIk9QT1n

ワイ的にはマンモスより最初にクジラ取ろうと思った奴がすごいと思うで
海やで海


124 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:49:36.18 ID:zrRyuE7b

そら食料の限られる海上ででっかい肉の塊が泳いどったら挑戦するやろ


126 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:50:04.63 ID:FRZfy92S

>>122
浜に打ち上げられてたの食べて必死に捕獲方法考えたのかな


136 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:53:53.86 ID:fQRi7Dt2

>>122
最初は浜に打ち上げられた鯨から始まったんやろうな
食ってみたら美味いし、一頭獲れば、しばらく
村落全体が油やタンパク質に困らないし


142 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:55:36.81 ID:CIk9QT1n

>>126
>>136
なるほどなあ
最初はそういうの食って取る価値あるか判断するところから始まるわけか


131 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:51:57.10 ID:FF+E7Te6

なんでわざわざでかい動物狩りまくってたん?
戦闘民族なんか?


138 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:54:55.25 ID:lmzeFlL8

>>131
そら群れで狩りができるなら
でかければでかい程コストパフォーマンスがええからね
しかも人間は料理できるから
みんなでムシャムシャよ


165 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:00:54.39 ID:FF+E7Te6

昔の動物はバカばっかりで今生き残ってるのは頭いい奴だけだってこの前なんJで見た


180 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:04:41.72 ID:CIk9QT1n

>>165
たしかに絶滅したドードーとか見たら
昔は結構狩りもイージーモードだったかもしれんね
人間に対する警戒感もあんまなかったんやろな


145 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:56:30.42 ID:DvD91Bvy

それよりコメ炊いたり、火で焼いたりし始めたのはなんでや
どう考えたんやろ


150 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:57:42.56 ID:VZpNUBzr

>>145
カーズ様みたいな天才がおったんやろなぁ


153 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:58:07.07 ID:Qk/MXDak

>>145
野火に囲まれて焼け死んだ動物の肉を食べたとか


154 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:58:20.31 ID:lmzeFlL8

>>145
料理こそ人類の証やね
料理することで内臓ちいさくして脳を巨大化できたそうや
問題は火は自然界には普通にあるものやけど、
それをどう維持するかや


158 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:59:09.03 ID:6vP4j2XZ

>>145
あんな粒あつめて育てるなんて考えたやつ凄すぎる
ゴシゴシしつづけて火おこすとか石ぶつけて火おこすとか、宇宙人伝来説を信じる他ない
特に金属精製とか頭おかしい。土から金属とれるなんて思わんやろ普通


163 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:00:30.40 ID:xlhnV4IA

金属器は何をどうやったら思いついたのか


169 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:01:32.38 ID:lmzeFlL8

>>163
やっぱり最初は銅やろなあ
ふんだんにあるし、簡単に溶ける温度やし


174 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:02:39.17 ID:iO31ww2Z

>>163
石炭を適当に燃やしてたら、混ざってた鉱石からなんか固いもんが・・・


166 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:01:08.95 ID:iO31ww2Z

>>158
一番最初の鉄器は、鉄隕石から削り出したもんやで
文字通り、天が与えてくれた唯一無二の超兵器よ


173 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:02:10.09 ID:6vP4j2XZ

>>166
ファッ!?宇宙からの贈り物&選ばれし者すぎィ!


177 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:03:35.02 ID:lmzeFlL8

http://www.castalloy.co.jp/jinrui.htm
銅(装飾品)

青銅(実用品)

鉄(超実用品)いまここ


178 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:04:01.10 ID:iO31ww2Z

>>173
どっかの王族の剣が、調べたら隕鉄だったって記事みたなあ
くっそ古い剣、現存してれば、そういうの結構あるらしい


179 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:04:39.18 ID:fmwg7WDJ

ヒッタイトとかいういきなり鉄製武器を使い出した謎国家


183 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:05:25.87 ID:iO31ww2Z

>>179
よくもまあ精錬する温度まで上げれたよな。これが一番謎だわ


191 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:08:22.86 ID:cSlNLMlH

>>183
火山の噴火やろな


184 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:05:26.34 ID:lmzeFlL8

>>179
まず土いじりやわな
土でなんでも作れるで~
という発想がなければ炉が作れん


153 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:58:07.07 ID:Qk/MXDak

>>145
野火に囲まれて焼け死んだ動物の肉を食べたとか


159 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:59:23.72 ID:lmzeFlL8

>>153
最初はそれやろな
タンパク質を熱でジューすると消化率2倍


167 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:01:21.17 ID:fQRi7Dt2

>>145
縄文式土器の展示を見てたら、そのあたりの考察が書いてあったけど
忘れた。
貯蔵から始まった発酵食品の歴史と並行して
火にかけても割れない土器の発明がどうちゃらこうちゃら


146 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:56:54.11 ID:6vP4j2XZ

人類の進化って
アウストラロピテクス→ジャワ→ネアンデルタールとかあったけど、
あれってそんなキッチリ進化しないよな?
ある地域ではまだアウストラロピテクスがおって、ある地域ではまだジャワ原人があって、進化に順応できなかったやつらは攻め滅ぼされたりしてるんだよな


155 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 12:58:27.34 ID:iO31ww2Z

>>146
そいつら全部別種やからなあ
数種~十数種の原人が居て、生き延びたのが今の人類の子孫


161 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:00:21.23 ID:6vP4j2XZ

>>155
そうなんだよな
日本史の教科書で、ポケモンの進化のごとく右矢印→で書いてあるからややこしいねん


188 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:07:33.13 ID:CIk9QT1n

なんやろな
最初は猛獣の牙とか爪みたいな武器を持ちたいってところから始まるのかな?
それがどんどん青銅とか鉄器になっていくんか?


193 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:08:48.61 ID:lmzeFlL8

>>188
石器の刃物は歴史長いやけど
あれモロいし切れ味も大したことないから
金属で自由に作れるようになった時はいけるで!とウキウキになったやろな


197 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:10:07.28 ID:6vP4j2XZ

>>193
結局鉄器持ってるヤツが日本でも力を持ったしな


176 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:03:26.70 ID:ViBtfIQy

原始人にも怖いという感情があったんやろうか


187 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:07:11.63 ID:6vP4j2XZ

>>176
猿でも感情はあるらしいけど、今の人類まで行くと考えすぎて死んだり鬱になってるし
ないほうがええのかなぁ


206 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:13:35.99 ID:fQRi7Dt2

>>176
そらあるやろ
壁画に色々書き残したのも、複雑な感情があることの表れじゃないか?


201 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:10:50.18 ID:8Rcmqm5Z

原始人の時代から肌の色ってそれぞれ変わってたのかな


203 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:12:50.07 ID:lmzeFlL8

>>201
北欧なんて日差しカスカスやから
自然と皮膚の色も退化するとは思うやで
ただ、性淘汰の可能性もよく聞くな
男達の間で色白好みが定着しちゃって
数万年で種族みんな真っ白け


207 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:14:10.21 ID:lmzeFlL8

まあ皮膚の色がこんなに簡単に変わるのも
人間が皮を全身さらして生活してるからやけど…
なんで毛がここまで無くなったのか
火と毛皮があれば、内臓も体毛も省略できるのか


205 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:13:26.55 ID:oo6vmtZK

原始人とかチビチビあんチビやんか
現代人の方が余裕で強いで


208 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:15:36.58 ID:6vP4j2XZ

>>205
チンパンもチビやけど握力200とかやし


217 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:18:11.25 ID:fmwg7WDJ

>>205
ネアンデルタール人の骨格は現代人より数段マッチョらしいで


218 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:18:19.97 ID:35NyAblk

農耕民族と狩猟採取民族は別民族だから
弥生人と縄文人は別人種とかいう話を聞いたんだがそうなんだろうか
確かに狩猟で生活してた人たちが何を思って農耕に目覚めるのかという疑問はある


222 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:20:24.17 ID:lmzeFlL8

>>218
農耕民族の対になる概念は狩猟やなくて
遊牧民族やで~
まあ定住性と気候の問題よ
肥沃で温暖になれば、農耕の方が全然楽
そして農耕が生み出すのが都市。これ最強の発明。


223 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:20:39.61 ID:6vP4j2XZ

>>218
狩猟だけじゃなくて、採集はしてたわけやし、食料の安定的な供給やろ
保存食なんてほとんどない時代やし


225 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:22:02.46 ID:/V5xqf59

>>218
別らしいで
弥生人は外部からよろしくニキーwwwしに来たとかなんとか


229 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:22:48.36 ID:Qk/MXDak

縄文人も四方向ぐらいから来たらしいし
もう混ざりまくり


230 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:22:49.98 ID:fQRi7Dt2

>>218
日本では緩やかに混血してったって吉野ヶ里遺跡でみたぞ
緩やかと言っても時間的なもので、
数限りない部族間の闘争があったんやろうけど


221 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:20:15.45 ID:8Rcmqm5Z

原始人はセックスとかはもちろんしてただろうが
いわゆる結婚みたいな事はなかったんだろうか
したかったらする感じだったのか??


224 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:21:39.03 ID:lmzeFlL8

>>221
サルやチンパン会みると
一夫一婦制とは程遠いやね
群れの中でハーレム型や乱婚型(乱交という意味ではない)
やったんやないの


231 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:22:55.24 ID:lmzeFlL8

料理が出来るようになると
群れの中で料理担当者が発生し
それの役割がメスになる(オスは狩り)
そんな感じで一夫一婦制発生?


226 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:22:18.56 ID:TdNBuLWM

現代人が生き残るまでにネアンデタール人を始めとしたかなりの他の人類が絶滅してるんだよなあ
違いはなんだったんだろう


236 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:24:06.47 ID:Qk/MXDak

>>226
人間も絶滅寸前まで追い詰められたらしいな


244 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:26:01.97 ID:iO31ww2Z

>>236
トパカタストロフィだっけか
ご先祖が、1万人くらいまでは減ったって言われる7万年前の大噴火


238 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:24:32.24 ID:iO31ww2Z

>>226
凶暴性
原生人類は、他の類人猿・原人に比べて、飛びぬけて攻撃性が高かった
しかも群れる。他種族を、食い滅ぼしつつ版図を拡大
充分に広がった後は、同族で殺し合いを始めた・・・


234 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:23:57.44 ID:gJQQ8BFV

農耕民族は温厚でなんちゃら~みたいなのは大嘘らしいね
むしろ農耕民族のほうが血気盛んらしいね
ジャレド・ダイアモンドの本に書いてあったわ(メガネクイッ


245 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:26:40.82 ID:Qk/MXDak

>>234
それより牧畜が良くないとかなんとか
広い場所で人口密度低くて財産である家畜は盗まれやすいから
なめられちゃあいかんって感じになる


247 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:27:42.50 ID:TdNBuLWM

>>234
農耕民族のほうが定住するぶん土地争いや水争いでシビアだからな


252 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:29:37.68 ID:lmzeFlL8

遊牧民族 家畜や女の所有を巡って殺し合い
農耕民族 水源や土地で野蛮な裁判
狩猟民族 狩りに参加した者には平等に獲物を分ける原始共産主義
なぜなのか


260 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:32:00.18 ID:35NyAblk

>>252
農耕が常識になってしまったせいで土地に価値生まれてしまいにはキャッチボールもろくにできない世の中になってしまったと思うと

263 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:33:05.39 ID:6fdIit9m

>>252
一番殺し合ってるのは狩猟民族やで
農業と人間性の関連ならスペンサー・ウェルズのパンドラの種とか
デイビッド・モントゴメリーの土の文明史が読みやすくて面白かったわ


261 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:32:28.25 ID:CIk9QT1n

よく原始人の生活の絵で家族でウホウホしてるようなのあるけど
ワイは嘘やと思うで
当時の寿命とか子供の死亡率とか出産の危険性とか
そういうの考えると結婚なんて概念絶対なかったと思うで
産めるやつが誰の子でもいいからどんどん産め的な感じやと思うし
子供も集団でまとめて育てられたんちゃうか
昔から男と女が一対一で家族になってたようなのはイメージ操作の嘘やと思うわ
昔は女は所有物扱いやったと思うで


271 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:34:59.00 ID:iO31ww2Z

>>261
女も働いてた、採取してたわけで、女には女のコミュニティが成立してたろ
そうすると、単純な支配ではやってけん


273 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:36:08.90 ID:CIk9QT1n

マンモス倒しても肉なんて食い切る前に腐るんちゃう?
当時は保存技術たいしてないんちゃう?
ワイが疑問なのは当時の男の中でどうやって優位を決めたのかということやな
たぶん狩りの上手さとかやないか?


276 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:37:12.00 ID:Wbnqd15G

>>273
干物にしていた?


277 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:37:23.95 ID:lmzeFlL8

>>273
そこで料理ですよ


279 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:38:13.03 ID:iO31ww2Z

>>273
せやからみんなに分けてた
獲物があれば寡婦でも子供でも食える。なお無ければ・・・


281 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:39:12.81 ID:3lwLNJYF

なんか昔の人が食ってたっていう干し肉食べた事あるけど死ぬほど硬くてとても噛み切れるものじゃなかったな


286 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:40:33.76 ID:YmyYP834

だから昔の人の顎強靭なんだろ
現代人なんか顎細すぎやしな
顎関節症なんてのもあるし


288 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:41:05.77 ID:lmzeFlL8

料理とかいう魔法によって
人間の体は超変化した


291 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:42:35.71 ID:iO31ww2Z

>>288
焼いた肉は柔らかくなって消化も良く、食事時間が大幅に短縮
お陰で余暇が生まれたって話やもんな


280 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:38:19.43 ID:9bsgXOiZ

塩は作れたんかな原始人は


282 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:39:13.92 ID:35NyAblk

海から塩作るのって意外と大変なんだよな
ちゃんとした知識と設備ないと精製できない


284 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:39:48.34 ID:lmzeFlL8

>>280
別に塩は精製せんでも
動物の血とか内臓を採っていれば大丈夫やったと思うで
ただ植物食の率があがっていくと、摂取が減り 消費が増えるからね


285 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:40:23.53 ID:TdNBuLWM

>>280
日本だと塩は海水から作るイメージがあるけどアフリカとかだと岩塩としてそのままあるから特別な技術いらん


283 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:39:35.08 ID:sMh+95OT

当時からより強い痛みに耐えられた方が勇者、みたいな
アフリカの民族が今でもやってそうな馬鹿な風潮はあったんだと思う


292 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:43:14.24 ID:TdNBuLWM

>>283
入れ墨もそういう習慣の一つだったらしいな


293 名前:風吹けば名無し2013/04/28(日) 13:43:45.76 ID:CIk9QT1n

そういうの考えるとアフリカの部族のDQNな風習とかも
大昔は殺し合わずに男の優劣を決める大切な掟だったのかもしれんね
女とか食料を殺し合って奪い合うより
我慢大会を開催して決めたりしたんやろな


関連記事

コメント


管理者のみに表示
ブログパーツ