ジョージ・ワシントン

なんJ収容所

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ建国の父ワシントンがぐう畜すぎて引く

2013.07.25 (Thu)
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1374709336/



1 名前:風吹けば名無し2013/07/25 08:42:16 ID:le4JEePX

> 『姿こそ違えど、インディアンは狼と同様の猛獣である』ジョージ・ワシントン
>
> ジョージ・ワシントンはジョン・サリバンに約5,000名の兵士を付けて、ニューヨーク植民地北部のイロコイ族集落を襲わせた。この際、ワシントンは「インディアンの村をただ制圧するだけでなく、皆殺しにするように。」と指令した。
> イロコイ族はワシントンの軍隊によって徹底的に虐殺された。ワシントンの軍隊はイロコイ族の尻の皮を剥いでブーツトップやレギンスを作った。
> イロコイ連邦のセネカ族の集落はワシントンによる焦土作戦によって、30あった集落のうち28を徹底破壊された。インディアンたちはワシントンを「街の破壊者」とよんで恐怖した。
>
> ワシントンはインディアンを「猛獣 (beasts of prey)」と呼んで、大統領に就任するとこれを植民の障害としてのみとらえ、「ニューイングランド一帯のインディアン部族を絶滅させるように」と閣僚に命じた。
>
> ワシントンはのちに、合衆国によるインディアン民族に対する民族浄化について、次のようにその考えを述べている 「インディアンの諸国を相手とする、我々のやり方の基本は“正義”であったし、それはこれからもそうでなければならない。」

何やこの悪魔は…



ジョージ・ワシントン





続きを読む »
スポンサーサイト
 | HOME | 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。